« 出雲大社 | トップページ | 車内にて »

大国主命

出雲大社には、大国主命の像がたくさんありました。

31_5

「ムスビの御神像」
大国主命が国造りで思案していたところ、海を照らして神が来たという神話の場面。
大波が迫りあがる上には球が乗り、大国主命は両手を広げてそれを迎えている。

何が結びなのか、ワタシも理解できませんでしたが、

古事記また日本書紀に述べられているように
出雲大社の御祭神”大国主命”は
この”幸魂奇魂(さきみたま・くしみたま)”のおかげをもって神性を養われ「結びの大神」となられました。生きとし生けるものすべてが幸福になる「縁」を結ぶ”縁結びの神様”と慕われるゆえんです。というコトらしいです。

説明を読んで、
『おむすび?』byぞう君・・・

11a4456a2968c7f6ee69863a14ece6af_l

きりん君デス・・・

Img17071

|

« 出雲大社 | トップページ | 車内にて »

おでかけ」カテゴリの記事