« 逃走劇 | トップページ | 残念 »

自慢の息子

きりんくんと同じ組にA君という男の子がいます。

お習字がとても上手

同じスイミングクラブにも通っているのですが、
クロールが得意。めっちゃ速い~
タイムが速すぎて、飛び級で進級したのを、ワタシも見たことがあります。
彼のお母様もとても嬉しそう~
自慢よね~うらやましいわぁ~

そこで、我が家の息子達に質問!

「あんたたち、人に胸を張って、自慢できるものがありますか?」

ぞうくん
「絵」
確かに、写実的なクルマと戦闘機を描くよね。
学校の図画の時間もソレ一色よね。
創造性も芸術性もないよね・・・却下

「しゃべり」
確かに、ひとつ質問したら、10コくらい答えが返ってくるけど、
そのうち9.5コは無駄な話だったり、知りたい答ではないよね・・・却下

きりんくん
「棒人間」~頭は●黒丸●体と手足が棒で描いたキャラクター。
4コママンガから進化して、最近では、パラパラマンガになり、動きを獲得。
パソコンの動画ソフトを使って、教育テレビに投稿するほど・・・
棒人間は、チョンマゲを獲得し、チョンマゲが飛んでいく~・・・ワタシ的には却下

そして、最後に、きりんくんがニヤリとしまして、
コレはホントに自信あるよ!と答えたのは・・・・・

アバレ

って何?????=暴れ
納得、めっちゃ納得。
暴れっぷりは誰にも負けない
けど、自慢できへんやんかッ~

「ふふふ、オレ、じいさんになっても、
孫と一緒にベッドの上で暴れる自信あるよ

ソレをワタシはあの世で見守るんかいな・・・・・

|

« 逃走劇 | トップページ | 残念 »

家族」カテゴリの記事