« 皮ふ? | トップページ | ココロ? »

八日目の蝉

お友達のブログの感想から、映画を観に行きたいなと思うようになりました。

そんなところに、ドラマの再放送。

本放送は、2回目を観たところで止めてしまったんです。

不倫、中絶、誘拐、逃避行。

ついていけなかった・・・

再放送は、ぐぐっとこらえて、乗り越えた。
そして、いっぱい泣いちゃいました・・・

幸せになる方法なんて、ワタシが思いついただけでも、
いくつもあると思うんだけど、
登場する人、全員不幸一直線・・・
でも、イヤな気分にならないんですよね・・・
最後はちょっと救いが見えたし。

壇れいさん、きれいです。
子供を捜して叫ぶところは、発声が違います。

やはり、映画も観たいし、原作も読んでみたいです。

納得行かないところが一つ。
誘拐されて5年。
薫ちゃん5歳が、報道陣をかきわけて、本当のお母さんとご対面。
緊張するし、大好きなママとは引き離されるし、
何がなんだかわからないところで、お漏らしをしてしまいます。
それを、実母さんが・・・飛びのいて、よけるんだよ~
ありゃダメだよ~

『怖かったね、びっくりしたね。お母さんが着替え持ってきたから、大丈夫よ』
って言って欲しかったよ~

|

« 皮ふ? | トップページ | ココロ? »

本・映画」カテゴリの記事