« ワタシが欲しい絵本 | トップページ | ジェダイの騎士 »

ドボドボ

金曜日は、幼稚園でお別れ会がありました。

保護者もステージで、歌や踊り、ハンドベル、合奏、劇を披露します。

園児も歌などを披露してくれます。

1番、感動したのが、年少さんが唄ってくれた
『さよならのうた』 でした。

さよならのときがきたんだね
きょうで みんなとも おわかれ
ながかったけど みじかかった
だって いろんなことが あったから
一日も おんなじ日は なかったね
どんな日も たいせつな日だったね
さよなら さよなら またあうときも
きっと きっと げんきなかおで

さよならのときが きたけれど
きょうから あたらしい日が はじまる
さみしくないよ うれしいんだよ
これからも いろんな ことがある
一日も おんなじ日は ないんだね
どんな日も たいせつな日なんだね
さよなら さよなら またあうときも
きっと きっと げんきなかおで

(CD「スタート」より 作詞 新沢としひこ 作曲 中川ひろたか )

とてもかわいい年少さんに
『どんな日も大切な日だったね』なんて唄われると、
あーそうだった。無駄な日なんて1日もないんだって生きてる私達全員へのメッセージのように思えて、今までのことが全部心の中に押し寄せて来て、もう、涙、ドボドボでした。

年少さんの演目なのでプログラムの1番初め・・
最初っから、涙を流しきってしまったワタシなのでした・・・

|

« ワタシが欲しい絵本 | トップページ | ジェダイの騎士 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワタシが欲しい絵本 | トップページ | ジェダイの騎士 »